山形不動産サービス 荘内倉庫事業部

お見積り・資料請求
  • 国際規格ISO27001(ISMS:セキュリティマネジメントシステム)の認証を文書倉庫にて取得。「安心・安全・機密保持」をモットーに高いセキュリティレベルを構築し、お客様により安心してご利用いただける体制を整えました。
  • 優良トランクルーム
    国土交通省認定
    優良な施設と業務体制により、お客様の物品の保管を行うトランクルームとして認定を受けています。
  • 第一種貨物利用運送事業登録
  • 個人情報取扱事業者保険加入

文書倉庫

バイタルレコード・マネジメントシステムのご紹介

<<文書の保管を取り巻く環境の変化>>

2005年から個人情報保護法の全面施行を機に、企業では個人情報の漏えいや紛失。誤廃棄等の「情報の取り扱いによる事故」への対策が必要となりました。

2009年からJ-SOX法の施行、BCP(事業継続計画)の導入に伴い、重要書類の保管や管理方法は「リスク管理」「危機管理」の面からも対策しなければならなくなりました。国では、各省庁の文書管理の改善に向け、2009年に「公文書管理法」が制定されました。

近年、企業経営に影響を与える災害や事故の多発、企業間の相互連携の進行、企業の社会的責任(CSR)への要求など、事業活動に影響するようなリスクへの対応は社会的にも要求されるようになってきました。そんな中、事業継続の担保や、説明責任に対しての証拠(エビデンス)としての文書管理方法の必要性が求められ始めています。

↓

今までの、税法・商法などの「法的な証拠としての記録」が目的の文書管理から、災害などにあったときにすぐ「事業を継続できる状態」へ復旧できる文書管理へと変化してきました。 これを、バイタル・レコード・マネジメント(VRM)といいます。

山形不動産サービス(株)のバイタルレコード対応「耐震・耐火倉庫」

  • 保管期限の過ぎた書類が蓄積されていませんか?
  • 倉庫の中に、書類を積み込むだけになっていませんか?
  • 書類の保管に、手間がかかっていませんか?
  • 適切な文書管理の重要性を考えてみませんか?
  • BCP(事業継続計画)の一環として考えてみませんか?
「安全、確実、機密保持」 ご安心ください。
山形不動産サービス株式会社がお悩みを解決します。